冠婚葬祭で墓の代わりに樹木葬で弔うケースがあります

###Site Name###

冠婚葬祭で、故人を弔うのにお墓を購入して墓石を建てるがこれまでの慣例でした。


ところが、1999年に岩手県の一関市において、日本で初の樹木葬が行われて脚光を浴びることとなりました。

戦後経済成長で、昭和30年代に首都圏に向けて人口の大移動が始まりました。

都市化傾向が強まり、田舎には親を残して若い者が首都圏に集まってきました。



中卒が金の卵と言われて集団就職していた30年代から、40年代に入ると進学率も高まり、田舎を後にする若い世代が増え、全国的に過疎化が進みました。



この世代の人たちが、今は定年を向かえ、田舎に戻ることはなく都会で第二の生活を送り始めました。

ところが、先祖代々のお墓は田舎にあり、冠婚葬祭のお墓詣りの度に田舎に帰るのも、旅費を考えて事欠く様になります。
親の墓参りが一年に一度だったのが、三年に一度、五年に一度となると、お墓の在り方について疑問を持つても不思議はありません。
長男であれば、親のお墓を都心に持ってくることもできますが、次男や三男であれば自分たちのお墓を建てなければなりません。
冠婚葬祭の在り方で、先祖代々からの仕来りではなく、合理的な新たな考えが生まれております。
自分たちのお墓を購入しても、実際に子供たちが墓参りに来てくれるかも不安になります。

田舎のお墓が雑草だらけであったことを思えば、墓石なしの樹木葬の方が清潔感があり、子供たちを拘束することがないので良いのではないかと思えます。

wikipediaを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

毎年のお詣りでなくても、いつでも自然の中にある樹木葬であれば負担がなく、自分たちも安心して眠れると思う気持ちも理解できます。