冠婚葬祭の一番最後、永代供養の現代のあり方

###Site Name###

人々が社会生活を営む上で、成人し、伴侶を経て、やがて老いて亡くなっていくというのはもはや必然の道理ともいえます。その節目節目でのお祝いや弔いの気持ちをみんなで分かち合うのが、いわゆる冠婚葬祭と呼ばれるイベントです。

そんな冠婚葬祭の中でも順番として一番最後に来るのが「葬」、つまり家族などの近しい人や、場合によっては自分自身の死後のあり方などを意識したライフプランニングが「終活」などと呼ばれる活動です。

近年では核家族化や親類とのコミュニケーション減少なども決して珍しくはなく、場合によっては自身の死後、入った墓の面倒を誰も見ることができないと言う状況にもなりかねません。

All Aboutの詳細についてはこちらです。

そういう方は永代供養のサービスをうたっている墓地を選ぶと良いでしょう。



永代供養はその文字通り、お寺や霊園に所定の料金を払っておけば、墓守をする子孫の代わりにお墓のメンテナンスや周回忌の法要などを行ってくれると言うものです。

また、墓石そのものにこだわりのない場合や埋葬する土地の問題などを鑑みて、弔問客や墓参りに来た人がお墓を探さなくても、まるで自動車の立体駐車場のように、専用カードなどで自身のIDを入力することで対面する位牌や遺影が家族を迎えてくれる、というシステムを採用している施設もあります。

詳しく知りたい東京の永代供養情報の理解したいならこちらのサイトです。

場合によっては味気ないというか風情が伴わないという非難を浴びることもありますが、こういった永代供養システムも現代の冠婚葬祭のニーズにあったものに移り変わっていっていると言えるのかもしれません。