海洋葬の決まり事や種類、場所について

###Site Name###

最近は、死んだら自然に還るという意味で海洋葬を選ぶ人が増えてきています。


故人が海が好きで海に還して欲しいと希望を残す場合もあれば、子どもがいないのでお墓を守る人がいないなどの理由で選ぶ人もいるでしょう。

墓石や墓地を用意するのにお金がかかるから、という理由もあります。

wikipediaの知識を持つことが重要です。

海洋葬を行うにはいくつかの決まりごとがあります。

少なくても遺骨を2ミリメートル以下の大きさにする必要があります。


遺骨をパウダー状にしてくれる会社もありますので、希望があれば頼むと良いでしょう。

また海に還す時はそのまま散骨するのではなく、水溶性の紙に包んでから行います。

遺骨は全て海に還す必要はなく、遺族の希望があれば一部のみ散骨という方法をとることも可能です。



海洋葬は1時間から2時間程度の乗船が必要です。なぜなら条件の一つとして、陸地から離れた人目につきにくい海上まで行く必要があるからです。散骨できる海域を把握している船会社もありますので、葬儀社を通じてそういった船会社を紹介してもらうと良いでしょう。
海洋葬のために選ぶ場所は遺族によって様々です。
景観の美しい場所を選ぶことで、毎年その場を訪れ故人を偲ぶことができます。

交通アクセスが良く、親族や知人にも参列しやすいよう、東京湾を選ぶ場合もあります。

海洋葬の基本知識を紹介しています。

1周忌や3周忌などの特別な日に、散骨した海域まで行き、故人を偲ぶメモリアルクルーズを請け負う会社もあります。
海洋葬にかかる費用は、遺族のみで船をチャーターして行う場合は15万円から40万円を目安にすると良いでしょう。

何組か合同で船をチャーターする場合は、それより少し安くなります。


また遺骨のみを預け、散骨を依頼する場合はさらに費用が安くなります。